てけてけちゃんの物語。

昔々、あるところに小さな女の子がいました。

P6300787.jpg
※写真と本文は関係ありません


その女の子はとってもお気に入りのタオルケットを持っていました。
blog_import_53606bd65ee14_20150630215842893.jpg

タオルケットには「てけてけちゃん」という名前までつけて、毎日毎日一緒に寝ていました。

blog_import_53606bd857767_20150630215843827.jpg


てけてけちゃんはふんわりとやわらかであたたかいのに
すべすべつるつるな何とも言えない手触りでした。


他のどんなおふとんや毛布にはない、その女の子の心にぴったりくる感じがするのです。

だから、女の子は毎日毎日てけてけちゃんと一緒に眠りました。


小さかった女の子はやがて、中学生になりました。


てけてけちゃんも薄汚れて古びてきてしまいました。

それでも女の子はてけてけちゃんが大好きでした。


しかし、ある日ゴミ捨て場にてけてけちゃんが捨てられているのを見つけてしまいました。

その時、女の子はとても悲しくて寂しかったけれど、もうてけてけちゃんを拾うことができませんでした。

それがてけてけちゃんとの最後のお別れでした。



・・・・・もう一つの物語・・・・・


昔々あるところに、幼い娘を持つ母親がいました。

P6300794.jpg


幼い娘は「てけてけちゃん」と名付けたお気に入りのタオルケットを持っていました。


母親は娘がどれだけてけてけちゃんを好きなのか、よく知っていました。


娘が大きくなり、てけてけちゃんがボロボロになってしまった時、「勝手に捨ててはいけない」と思った母親は
娘に「一緒にてけてけちゃんとお別れをしよう」と言って、二人でゴミ捨て場へ向かいました。


「今までありがとうね。さようなら。」

そうてけてけちゃんに伝えて、母親と娘はその場を去っていきました。


P6300784.jpg




・・・・・実はこの二つの物語、私と私の母が体験したことなのです。

大人になって母に「勝手にてけてけちゃん捨てたよね」と言ったら、
「そんなことしない!そういうものは勝手に捨てちゃいけないって思ってたから、ちゃんとあんたと一緒にお別れしたでしょ!」と
キレられました(汗)


多分、母が言っていることの方が事実なのでしょう。


きっと私は「お別れしよう」と母に言われた時に、まだそんな気持ちになれていなかったんだと思います。
でも、もう中学生だったし、「まだ捨てたくない」なんて子供じみたことは恥ずかしくて言えなかったんじゃないかな。

その時の記憶はすっぽりと抜けてしまい、何故かねつ造された記憶が私の頭の中には長年インプットされていました。

そして、てけてけちゃんのあの感触を失ってから私はずっと
ふわふわしていて温かくてすべすべしているものを求めているような気がします。


そう、それがまさにポメラニアンの手触りwww


P6300802.jpg
今はふわふわ度が若干低いけどもw


もしかしてあの時、私がてけてけちゃんを失っていなかったら、こんなにもポメラニアンにはまらなかったかもしれない。
そうしたら小夏さんにも出会えてなかったかもしれない。

大事なものを失うことは辛いことだけれど、失うことで得られるものはもっと大きなものだったりするのかも・・・ね。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

4 Comments

もんちゅちゅ says...""
お気に入りのてけてけちゃん、
真実はお母さまがお話になっている方なのでしょう。
でも、納得していなかったこぶんごさまの中で
いつしか記憶がすり替わってしまったんですね。
ポメラニアンの手触りのてけてけちゃんのお話、
なるほどなぁと感じ入りました。
ゆきのおんぼろバッグも、ゆきにとってはまだ大事なもののようです。
だから、捨てるのはまだ当分やめておこうと思います。
2015.07.01 03:01 | URL | #VxpabqRQ [edit]
ダレまま says...""
我が家には「こちょこちょ」さんがおります。
もう何代目かにはなりますが・・・
この年になっても捨てられません。
ぱぱさんにも、姪っ子たちにも、私が死んだら棺桶にちゃんと入れないと
化けてでてやるぅぅぅぅとまで言ってます。
ばばぁなのに、おこちゃまなんですの・・オホホ
是非「てけてけ」ちゃんの復活を(笑)
2015.07.01 11:06 | URL | #.zLyGMJk [edit]
こぶんご says..."Re: タイトルなし"
>もんちゅちゅさん

ゆきちゃんのバッグ、残してもらえたんですね(^^;

物を捨てるタイミングって本当に難しいですよね。
それが気に入っている物なら尚更のこと。

1つの物に執着することで新たな物との出会いを
遠ざけてしまっているかもしれないし

私のように自分の気持ちに嘘をついて無理矢理捨てると
記憶をすり替えてしまったり(汗)

ちなみに私の母はバシバシ物を捨てられる人ですが
私は物を捨てるのが苦手な人間に育ってしまいました(爆)
2015.07.01 22:52 | URL | #- [edit]
こぶんご says..."Re: タイトルなし"
>ダレままさん

ダレままさんの「こちょこちょ」さんはどんなモノなんでしょう?
色々想像しちゃいました(笑)

代替わりしてもずっと手元に置いておきたい
棺桶にも入れてもらいたいというのはすごく愛情を感じます。

人によってそれは様々な形で持っているものなのかもしれないですね。


私の中ではてけてけちゃんは特別で
あれからどんな素材のタオルケットに出会っても
何かが違うと感じてしまうんですよね~(^^;
きっともう二度と出会えない気がします。

その代り、というわけではないですが
今私のそばには最高の手触りの小夏さんがいてくれます。
もうそれだけで十分幸せです♪
2015.07.01 23:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pomorze.blog.fc2.com/tb.php/446-04509116
該当の記事は見つかりませんでした。