古い写真~あの頃君は~

昨日の記事を書くために、1年前の旅の写真を掘り出していたら

何点かまだブログに載せてない昔の写真を発見した。

DSCN2361.jpg
この頃小夏さんは何を考えていたのだろうか。

DSCN2374.jpg
それとも考えることなどせず、睡魔に身をまかせて微睡んだり

DSCN2410.jpg
ぼんやりと世界を眺めていただけだったのだろうか。

DSCN2408.jpg
否、「馬鹿にしないでよ」という声が聞こえてきそうな表情の小夏さん

DSCN2403.jpg
何か悪巧みしてそうな小夏さん

そうそう、君は昔から何も考えてないフリをして意外と抜け目のないところがあったね。

DSCN2344.jpg
じっとどこかを見つめたり

DSCN2346.jpg
耳をそばだてたりして、常に周囲の気配に注意を払っていた
(映りがイマイチだったので色々補正してたら、おかしな色合いになってしまった)

DSCN2351.jpg
まぁでもやっぱり寝ちゃうんだけれどもw
(それでも強引に載せてみる)

結局なんだかんだ言って、今も昔も小夏さんはカワイイのである。(親バカ上等!)

あまり内容のない記事になってしまったので、お詫びにサービスショットを
DSCN2452.jpg
いや~ん(爆)

・・・大変失礼致しました。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

6 Comments

ひろ says...""
小夏ちゃんは昔から遠くを見つめながらも
色々な事を考えて抜け目が無かったんですね(^O^)

これだけ可愛ければ親バカになるのも
納得です(*^_^*)

サービスショットいいですね♪
ってか、小夏ちゃんこんな格好して
体が痛くならないのかな?なんて要らぬ
心配をしてしまいます(^_^;)
2014.07.17 18:02 | URL | #- [edit]
こぶんご says..."Re: タイトルなし"
>ひろさん

昔から本当に油断のならない子でした・・・。
ちょっとこちらが目を離すとその瞬間に悪さをするという(爆)

でもやっぱり可愛くて許しちゃうんですよね~。
甘々で完全な親バカです(^^;

サービスショット・・・
結構無理な姿勢ですね(笑)
心配して頂いてありがとうございます♪
2014.07.17 19:56 | URL | #- [edit]
ダレぱぱ says...""
昔の写真を、見直しているとこんな写真もあったんだとか、
こんな時もあったなぁとか、ありますね。

そんな時でも、いつの時代も可愛いかったと思うのは、当然の事ですよね。

家もいつもそう思っています。(笑)

特に、遠くを見つめる小夏さんの眼は、可愛い。(*^_^*)
2014.07.17 20:26 | URL | #czrHv3bk [edit]
のんママ says...""
分かります〜
ユルユル だらだら で なんも 考えていないようで
意外に ちゃっかり 観察して 分かってるんですよね。
ちら…って 見上げる お目目って
ちょっと おナマイキちっくで かわいいんですよね〜
やっぱりね… ホレた方が 弱いんですよね。
小夏さん かわいいもの〜 なんでも 許しちゃいますよね!
2014.07.17 20:26 | URL | #- [edit]
こぶんご says..."Re: タイトルなし"
>ダレぱぱさん

ひょんなところから昔の写真が出てくると何だか嬉しいですよね♪
(ただ単にちゃんと整理ができてないだけとも言いますが・汗)

今見ると、猿期の頃の写真とか笑っちゃったりもするんですけど
やっぱり可愛いんですよね~(笑)

ダンくんレンちゃんもいつもいつも可愛いですもんね★

時々遠くを見ていると、一体何が見えているのか怖くなることもありますが(^^;
神妙な顔をしているところも私敵には結構気に入ってます♪
2014.07.17 22:15 | URL | #- [edit]
こぶんご says..."Re: タイトルなし"
>のんママさん

ワンコってすごいですよね~。
色々なことを察知してますよね!
ホント、一見ボーっとしてそうなのに(笑)

甘えた女子の上目遣いとはまた違う
何かを企んでそうな目をしていると
「コヤツ、何考えてるんだ?」とヒヤヒヤしつつ
その顔が可愛くて油断しちゃって、悪さをやられるというね(爆)

でも惚れたら負けなんすよ!もう勝ち目ナッシング!
2014.07.17 22:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pomorze.blog.fc2.com/tb.php/193-8a2d9652
該当の記事は見つかりませんでした。